ホロスコープにおける、惑星の意味【10天体解説】

占い

こんにちは、夏月です。

今回は、ホロスコープの主役ともいえる10個の惑星達の意味を解説していきます!

ホロスコープって何?という部分が知りたい方は、こちらの記事でわかりやすくご説明していますので見てみてくださいね。

占星術における惑星とは何か

ホロスコープで使用する惑星というのは、地球から見た次の計10個の天体です。

太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星

一般的に知られている12星座の星占いは、自分が生まれた日に「太陽」がどの星座にあったのか、を見ます。

太陽というのは、一番表に出やすく、自分でも自覚しやすい基本的な性格を表します。なので雑誌やテレビで見かける12星座占いでは、太陽にある星座を使って運勢や性格を診断するのです。

惑星をイメージするときのポイント

惑星はその人の持つ「一面」であり、本人や周りが自覚しやすい顔もあれば、自分でも気づかないような裏の顔を持っている。と考えるとわかりやすいです。人は10個の顔を持っていて、そのすべての顔が合わさって、その人自身が出来上がるというイメージです。

10個の惑星の意味を知ると、「自分とは何か」をより多くの視点から総合的に見ることができるため、より詳細で複雑な、本当の自分を知る手掛かりになるのです

ホロスコープで自分の惑星の位置を調べる方法

ホロスコープは、色々なサイトやアプリで無料で作成できるので、まずは気軽に作成してみてくださいね(*^^*)

生まれた時間は、わかれば入れた方が良いですが、惑星だけ見る場合はわからなくても大体占えるので大丈夫です。

おすすめはこちらのサイトです。

ホロスコープを無料で作成して本格的な占星術を
ホロスコープとは占星術で使う出生時の天体を配置した図です。 そこからあなたの性格、相性、運命までも読み取る事ができます

出生時間を入力したら、ホロスコープを作成して、ホロスコープの図の下にある「このホロスコープの詳細」をクリック。

詳細を表示したら、画面左下に表示されている【天体の位置】というリストが、【その人が生まれた時間に、惑星がどの星座の位置にあったか】のリストです。

この惑星達のそれぞれの意味を知り、それを星座(サイン)の意味と組み合わせていくと、自分や誰かの内面を深く知ることができたり、相性診断をしたりすることができます。

惑星の意味

では、それぞれの惑星がその人のどのような要素を表すのかを見ていきましょう。

作成したホロスコープを当てはめて考えてみてください。

太陽

太陽が表すのは「社会的な自分や意志」です。表向きの顔であり、自他ともに認知しやすい、基本的性格だと思ってよいでしょう。

太陽星座が示す性格については、以前解説した「12星座の性格シリーズ」を見てもらえると幸いです。

月は、「内面的な感情、家庭内での姿、行動の動機、物事に対する反応」を表します。

太陽が表だとしたら月は自分の裏側です。自分にいつも当たり前にある感情なので、自分ではこの性質に気づきにくい場合があります。しかし、性格診断としては太陽の次に影響が出るものですので、太陽星座の星座占いが当たらないという人は、この月星座の性格が当たっている、なんてこともあります。

また、幼少期の性格はこの月星座の影響が表に出やすいと言われています。

水星

水星は、「知性、思考、理解力、表現力」を表します。

水星は太陽の一番近くにある星座なので、太陽の「このように生きていく!」という方針を受け取り、うまく表現できるよう、「コミュニケーション」「言語」にも影響を与えます。

水星を見ることで、その人がどのような情報を重視し、どのように収集・処理し、どのように人とコミュニケーションをとり、表現していくのかがわかります。

金星

金星は、「愛情の傾向、趣味や娯楽、美的感覚や芸術性、お金に関すること」を表します。

金星は女神の象徴です。ホロスコープで見ると女性のマーク(♀)なので意味も覚えやすいですね。女性は恋愛傾向を見るときにここを確認すると良いと言われます。どのような人を好むか、もしくはどのように人を愛すか等を読み取ることができます。

男女の相性では、女性の金星と男性の火星の相性が重要とされます。また、金星同士の相性を見ることで、趣味が合う相手かどうかがわかります。

火星

火星は、「情熱・衝動・攻撃性・闘争心・勇気」を表します。

火星は金星とは反対に、男性的なことを表すと言われます。ホロスコープ上では男性のマーク(♂)で表されます。男性の恋愛傾向は、火星で確認すると良いです。

他にも火星からは、その人の勝負の仕方、攻撃の仕方や、ケンカの時の反応などを読み取ることができます。

木星

木星は、「成功・発展・拡大・膨張・甘え」を表します。

木星は太陽系の惑星の中で最も大きいため、物事を大きく発展、拡大させるという意味を持ち、基本的に「幸運の星」と呼ばれます。

ただ、膨張していくという意味から「太りすぎ」「甘え」「調子に乗りすぎ」などといったちょっと注意すべき意味を示す場合もあります。

木星を見ることで、その人の長所や成功する時の傾向を見ることができます。例えば、社会でどのように認められるか、どのようにチャンスを掴むかなども知ることができます。

土星

土星は、「自己制御、制限、管理、試練、社会的適応」を表します。

その人が苦手だと思っていることや、努力して身に着けていくべき課題読み取ることができます。

最終的にその試練を乗り越えると、社会とのバランスが取れた安定した人生を送ることができると言われます。

天王星

天王星は、「革新的、改革、最先端、独創性、変化」を表します。

天王星を含む、天王星以降の惑星(海王星、冥王星)は地球から肉眼で認識できない程遠く離れているため、潜在的なことを示します。表には認識しづらく、その特徴を自覚するのは難しいかもしれません。

また、太陽を一周するのに84年もかかり、一つの星座には7年ほど滞在しますので、同世代のホロスコープでは天王星は同じ星座にあります。そのため、個人というよりかは同じ世代に共通する特徴を示しています。

天王星を見ることで、その人が大きく変化するときや独自性を発揮したいときに現れる傾向を読み取ることができます。

海王星

海王星は「神秘・夢・スピリチュアル・不確かなもの・精神世界」を表します。

天王星と同様、地球から遠く離れているため潜在的なことを示します。海王星も同世代のホロスコープでは同じ星座にあります。天王星と比べてもさらに広い世代(約14年分)に共通する特徴を示しています。

海王星を見ることで、その人の神秘的なものに対する感覚や心の奥深くに広がる意識、問題を見ることができます。

冥王星

冥王星は、1930年に発見された比較的新しい星で、地球から一番遠く離れているため「目には見えない強制的な力や運命・破壊と再生・因縁」等を表します。

天王星と海王星同様、同世代のホロスコープでは冥王星は皆同じ星座にあります。そのため、同じ世代(約21年間)に共通する特徴を示しています。

冥王星を見るときには、その人の「目で見ることのできない根底に隠された意識や、逆らうことのできない大きな出来事や変動」として読み取ります。

ホロスコープを上手く総合的に読むコツ

今回のように惑星が位置する星座をそれぞれ占う場合には、太陽だけではなく、10個の惑星の意味を組み合わせて読むことが必要になります。

その際に混乱してしまわないよう、かなりざっくりではありますが、ポイントをまとめます。

  • 性格を見るときは、太陽(基本の顔)と(根底にある感情)を重視する
  • コミュニケーションの取り方や表現方法は水星を見る
  • 恋愛傾向を見るときは、金星(愛情傾向と嗜好)と火星(アプローチ)を重視する
  • 社会の中での輝きを見る際に木星、課題を見る際に土星をチェックする
  • 世代的な傾向を見る際に天王星、海王星、冥王星をチェックする

上記をポイントにして、例えば次のように応用して考えると、相性も簡単に見ることができます。

  • 太陽星座同士の相性が良いと、価値観が合い共に協力し合える
  • 月同士の星座の相性が良いと、何も言わなくても心が通じ合う
  • 自分の月星座と相手の太陽星座の相性が良いと、相手が自分の気持ちを理解してリードしてくれる
  • 自分の水星星座と相手の月星座の相性が良いと、ちょっと話すだけで自分の本心や言いたいことを理解してくれる
  • 男性の火星星座と女性の金星星座の相性が良いと、恋愛関係が上手くいきやすい

などなど・・・

家族や友人、好きな人、そのほか自分と関わりのある人たちのホロスコープをたくさん読んでいくと、自分なりの解釈や、理解力がどんどん深まります。

それぞれの星座(サイン)の分類や相性については、こちらの記事もチェックしてみてください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました