【喜怒哀楽】蟹座の人の性格と特徴(6/22~7/23生まれ)

占い

こんにちは、夏月です。

今日は星座の性格シリーズ第四弾、4番目の星座、感情豊かな蟹座さんの性格・長所・短所等を語ります!

蟹座の分類

6/22~7/23生まれの太陽星座である蟹座。分類はこのようになります。

支配星: ー 感受性・反応・保護・内面

四元素: ー 感情的で共感力に優れる

三区分:活動宮 ー 始めることが得意で継続することが苦手

二要素:女性 ー 内向きのエネルギー

蟹座の性格 - キーワードは「私は感じる」

水属性で活動宮の蟹座さんは、感情豊かな親しみやすい人柄です。基本的には温かい人柄で、どこかアットホームな雰囲気があります。

気分の上がり下がりが激しく、感情を抑えることはあまり得意ではない、気分屋です。

好き嫌いが激しいところがあり、自分の気持ちにいつも正直です。人によって、ころころ表情が変わる面があります。

好きな人や心を許している人には、冗談を言ったりわがままを言ったり、人懐っこい性質を表します。リラックスしている時は、くだけた雰囲気を作るのがとても上手です。

しかし、初対面の人や苦手意識のある人には基本的に素を見せず、無難な態度をとります。

恥ずかしがりやが多く、繊細なので、蟹の甲羅のように自分を守る境界線が必要です。

「これが自分の大切なもの」という境界線がしっかりしているので、その中の物はとことん守り抜きます。そのためだったら相手を攻撃することもあるでしょう。

激しく落ち込みますが、その気持ちが継続することはありません。持ち前の行動力で気分を一新させ、乗り越えていきます。

蟹座の良いところ

・とても愛情深くやさしい人です。一度受けた恩は忘れず必ず返します。

・困っている人や落ち込んでいる人を放っておけない性格で、頼られればしっかり面倒を見ますし、尽くします。

・人と何かを分かち合いたい、共感したいという気持ちが大きく、人を安心させるための言葉選びが上手です。

・素直な性格のため、自分が悪いと思ったところに対してはしっかり受け止め反省し、直す努力をします。嫌いな人がいたとしても印象が変わったり、何か勘違いがあった場合には、すぐに許すことができます。

・模倣が上手く、他の人がやっていることを見て、いろいろと吸収したり要領とつかむのが上手です。

・覚えることも得意で、場になじむのが早く、コミュニティを大切にするため、どんなところでもやっていけるような素質を持っています。

・自分が安心できる場にいるときは、自分からいろいろな提案をし、人を引っ張って行ったり、リーダーシップを発揮することができます。

・くよくよしがちではありますが、いい意味でも悪い意味でも感情が持続しないため、思いっきり悲しめば意外とあっさり立ち直り、持ち前の粘り強さで乗り越えようとします。

蟹座の気を付けた方が良いところ

・物事を客観的に見ることが苦手。自分の気持ちに敏感なあまり、混乱しがちで、被害妄想になったり、冷静な判断ができないときがあります。

・自意識過剰なところがあるので、他の人が何も考えずに行った行動に関して深読みしたり、気にしすぎてどっと疲れてしまいます。

・何かショックなことがあると、大げさなくらい気にしたり、落ち込みます。多くは考えすぎ、錯覚であるということを意識し冷静に物事を見るように心がけましょう。

・怒りの感情に飲み込まれたときには、要注意です。自分を否定されたくないという気持ちが大きく、おもいっきり言い返してしまうことがありますが、後から必ず後悔します。

・自分の考えや気持ちを相手に正しく伝えることが苦手で、本当は寂しいのに冷たい態度をとったりします。察してほしいという態度で誰かを困らせたりするのは、やめましょう。

・人に期待をして、それが期待通りにならないと裏切られたような気持になります。

人には人の考え方や価値観があり、いろんな事情あります。自分の思い通りにならなくて当たり前なのです。

蟹座さんへ一言

あなたにピッタリな言葉は、「愛と勇気」です。あなたはいつも、たくさんの愛と勇気に満ち溢れています。

愛する何かに囲まれて、安心して暮らしていけるよう、自分の環境を好きなものでいっぱいに埋め尽くしてください。そこが、あなたが最高に輝ける場所です。

そして、そのあふれる愛を今以上に多くの人に分け与えてください。あなたのことを必要としている人が、たくさんいることに気づいてくださいね(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました