【相性診断】12星座の分類【2区分・3区分・4区分について】

占い

こんにちは、夏月です。

12星座(サイン)には色々なグループ分けがあるんですが、今回はその分類をわかりやすく解説します。

この分類を知ることで、12星座の特徴を1つ1つ覚えなくても、大体のイメージを把握することができます。

この記事を読むとそれぞれの星座の関係がわかってくるので、簡単な相性診断ができます。

周りの人を当てはめて楽しんでくださいね♪

2区分(男性星座・女性星座)

2区分では、その人のエネルギーが外と内のどちらに向いているのかがわかります。

考えや感情を、自分の外に明確に表現するタイプが男性星座。人は人、自分は自分と境界線がはっきりとしていて、割り切った考え方をします。

内側にため込み、自分の中でよく思考し、簡単に外には出さないのが女性星座です。情にもろい人が多く、断ち切ることが苦手です。

区分対応する星座特徴
男性星座牡羊座・双子座・獅子座・天秤座・射手座・水瓶座外向きのエネルギー・積極性・主体性
自己主張・境界線がはっきり
女性星座牡牛座・蟹座・乙女座・蠍座・山羊座・魚座内向きのエネルギー・消極的・受動的
内向的・境界線がぼんやり
  • この区分が同じだと、相手の考えや行動においてわかりあえる部分が多く共感し合えます。
  • 違うと、自分と何か違うタイプだと感じると共に、興味を持ちやすいでしょう。

3区分(活動宮・不動宮・柔軟宮)

3区分は、その人の行動パターンを区別する分類です。

活動宮は、季節の始まりの星座たちで、何かを始める役割を持ちます。

不動宮は、季節の真っただ中の星座たちで、状況を維持する役割を持ちます。

a柔軟宮は、季節と季節の変わり目の星たちで、変化していく役割を持ちます。

区分対応する星座特徴
活動宮牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座始めるのが得意・行動力が高い・自己顕示欲が強い
持続力が低い・感情の波が激しい
柔軟宮双子座・乙女座・射手座・魚座臨機応変な対応・サポート上手・変化できる
優柔不断・逃げがち
不動宮牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座続けるのが得意・慎重に行動・信念がある
頑固・融通が利かない
  • この区分が同じ同士の星座は、行動パターンが似ているため、息が合う仲でもありますが、時に衝突を生む緊張感のある関係です。
  • この区分が違うと、お互い違う役割を持って助け合える関係となります。

これはあくまで私の見解なんですが、活動宮が不動宮をサポートし、不動宮が柔軟宮をサポートし、柔軟宮が活動宮をサポートする関係になりやすいと感じてます。

4区分(火・地・風・水)

4区分は、その人の価値観を表します。

相性診断をする際によく使われる分類で、大体の性格がイメージしやすく、一番メジャーなグループ分けかもしれません。

区分対応する星座特徴
属性牡羊座・獅子座・射手座情熱的・直感的・主体的・自立的・はっきりしていて頼もしい
属性牡牛座・乙女座・山羊座現実的・感覚的・堅実・安定志向・落ち着いている雰囲気
属性双子座・天秤座・水瓶座客観的・合理的・知的・情報収集・コミュニケーション能力高め
属性蟹座・蠍座・魚座感情的・情緒的・調和・気分屋・つかみどころがなく優しい
  • この区分が同じだと、自然に調和します。似た者同士なので落ち着くことが多いでしょう。気が合いすぎて、なんとなく刺激不足と感じることも。
  • 火と風、地と水の組み合わせは、似ているところが多いが違う価値観も持っているので、違和感なく助け合えます。
  • それ以外の組み合わせだと、なんとなく違う人種だと感じることが多いでしょう。方針や考えが合わないことがあるかもしれませんが、逆に尊敬できたり、恋愛などではその違いが良い刺激となり、惹かれあうことがあるようです。

星座同士の相性を考える

星座の相性占いをすると、よく同じ属性同士が相性が良いとか、180度の関係は相性が悪いとか、一定の法則を耳にすることがあると思います。

実際には、似た者同士だからと言って相性が良いとは限らず、真逆の性格だからと言って、相性が悪いとは限りません。

自分が人間関係に何を求めるかによって、相性は変わります。同士が欲しい人、安定を求めたい人、刺激を求めたい人、愛されていたい人、追いかけたい人、様々ですよね。そのお互いの需要と供給がぴったり組み合わさった相手なら運命の相手です(*^^*)

また、一般的に広まっている12星座(太陽星座)だけで見るのではなく、ホロスコープを組み合わせて見る本格的な星座の相性診断は、より深くお互いの相性を知ることができます。

星座占いで相手の特徴を知ると、自分とは違う相手の考えを知り、認めることができるようになります。例えば自分的には謎だった相手の行動も、「だからか~!」と理解することができたり。星座占いってとっても便利ですよね!

この記事が何かのヒントになりますように。ここまで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました